運営方針

2019-2020年度運営方針

2019-2020年度
会長 川添 裕照

本年度会長を務めさせて頂く事になりました。当クラブに入会させて頂きまして約16年が経ちますが、名前だけの会員でロータリーアンとしての活動は不十分であったと思います。よって、本年度は心を新たに精進する決意でございますので何卒ご指導ご協力のほどお願い申し上げます。

2019-2020年度国際ロータリー、マーク・ダニエル・マローニー会長のテーマは“ROTARY CONNECTS THE WORLD”(ロータリーは世界をつなぐ)です。私たちロータリーアンは世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています。

 

【地区運営方針】

浅木ガバナー「地域社会をつなぎ(Connect)、多様性に富んだ会員組織へ変革する(Transform)」

◆RIテーマおよびロータリーの目標達成を目指す。

◆女性会員・若い会員を増強し、多様な人々をロータリーでつなぐ。

◆公共イメージと認知度の向上を図り、地域社会とロータリーをつなぐ。

◆ロータリーのプログラムを積極的に支援し、安心・安全をモットーに青少年と世界をつなぐ。

◆My ROTARYを通じてロータリー情報を取得・発信することにより、ロータリーを世界とつなぐ。

 

【クラブの目標】

1. 地域社会をつなぐ奉仕活動の実践・探索―――「子ども食堂」への支援

2. 青少年にたいする奉仕活動の実践・探索―――「スポーツ百貨店」の実施

3. 公共イメージと認知度の向上・地域社会への奉仕活動―――「高齢社会について考える」の講演会の実施

4. 新会員の獲得と退会防止

5. 親睦活動の推進

6. 楽しく、メリハリのある例会作り

「例会は人生の道場である」という言葉がありますが、あまり堅苦しく考えないで、ざっくばらんで明るく元気で楽しいロータリーライフを過ごしましょう。ご協力よろしくお願い申し上げます。